最近話題のZEHについて|松本市の家づくりのプロが解説!

家づくりの豆知識

家を建てようと思って調べると「ZEH」という言葉がよく目につきますよね。
最近話題となっていますが、この言葉が何なのかをご存じない方もいらっしゃるかと思います。
今回は、最近話題のZEHについてご紹介します。

家の図面のイメージづくり

自分が建てる家の坪数の具体的イメージを持っている人が意外に多い

・そもそもZEHって何?

まずは基本的なことをご紹介します。
ZEHは「ゼッチ」と読み、「Net Zero Energy House」を省略した言葉です。
「Net Zero Energy House」とは、エネルギーの消費が年間を通して実質ゼロとなる家のことです。

具体的に言うと、以下の二つのことが必要とされます。
一つは住宅の断熱性能・気密性能を高めて、省エネをすること。
もう一つは、家庭用燃料電池や太陽光発電システムを使用し、創エネすることです。

これらを達成し、その住宅で年間に使用するエネルギーをゼロにするのです。
2015年に「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ(案)」を国が発表し、ZEHの定義の明確化、性能評価について定めました。
現在では、2020年までに標準的な新築住宅をZEHにするといった目標を決定しています。

・ZEHの条件を満たす家ってどんな家?

先ほどご紹介したように、ZEHにおいては断熱性能を高め、冷暖房で使用する電力を抑えることが重要となります。

一般的に、窓などの開口部からの熱の放出はおよそ50%とされています。
そのため、壁からの熱の放出だけでなく、開口部からの放出をいかにして抑えるかも重要となるのです。

住宅性能において、断熱性能はUA値を用いて示されます。
UA値が低いほど熱を逃がさない住宅であり、断熱性能が優れているということになります。
簡単にまとめると、家の性能や設備の性能が評価され、ZEHかどうか決定されるのです。

・ZEHにすることのメリット

ZEHは自分の家で消費する電気を自分で発電することで、従来かかっていた電気代を大幅に抑えることができます。
また、太陽光発電システムと蓄電池システムを併用する場合は、余った電気を売ることもできるのです。

こういった経済面でのメリットのほかにも、ZEHのメリットはあります。
それは健康面でのメリットです。
ZEHの基準として、断熱性能を高める必要があります。
断熱性能を高めるとは、家の気密性を高めることであり、家の気密性を高めると健康面でのメリットがあるのです。

それは、ヒートショックを防止することができるということです。
ヒートショックとは、暖かい場所から寒い場所へ移動することで、急激な血圧変化が起こり、倒れてしまうというものです。

主に浴室やトイレで起こっており、その件数は年間17000件にも上るそうです。
家の気密性が高くなると、家全体が温かくなり、寒い部屋がなくなります。
その結果、ヒートショックの予防につながるのです。

今回は、最近話題のZEHについてご紹介しました。
ご紹介した通り、ZEHには様々なメリットがあります。
この機会に一度検討してみてはいかがでしょうか。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください