暮らしやすい間取りのポイントは!?松本市で新築をご検討の方必見!

家づくりの豆知識

新築の家を建てることを考えたときに、何を優先しますか?
暮らしやすさを大事にする人はかなり多いのではないでしょうか。
せっかくのマイホーム、快適に生活したいですよね。
それでは、暮らしやすい間取りを考えるときのポイントにはどんなものがあるのでしょうか?
詳しく解説していきます。

□考える手順

家の中での部屋の配置を考える時のポイントですが、まず必要な部屋の数など家のパーツを書き出してみることです。
とりあえず片っ端から家の隅から設計図を埋めていくよりも、こうしてパズルのように家のパーツを組み立てていくほうが実際の生活を想像できるので、生活動線を考えることができます。
この生活動線というのが今回のポイントとなる暮らしやすさのためのキーワードです。

□生活動線とは

生活動線とは、人が家の中で日常生活を送るときに行き来する動きを線で表したもののことです。
この線が短くて単純であるほど暮らしやすく、長くて複雑なほど暮らしにくいということになります。
例えば、一階の洗濯機から物干し竿まで洗濯したものを運ぶことを考えます。
洗濯機のある場所からそのまま大窓を開けて庭に出て干せると楽ですよね。
一方で洗濯物を二階のベランダで干すとなると距離も長いうえに階段を上がるということまで必要になり少し大変です。
こういった生活動線を考えることで暮らしやすい家の間取りを考えることができるのです。

□生活動線の種類とポイント

生活動線と一口に言っても生活の中には様々な行動が含まれていて、それぞれについて動線を考えることができます。
まず優先して考えたいのが家事動線です。
家の中での行動でもっとも負担となるのは家事でしょう。
この家事にかかわる動線をどれだけ短くシンプルにできるかによって暮らしやすさは大きく左右されます。
家事といえば洗濯・炊事・掃除です。
洗濯では先ほども述べたように洗濯機から物干し竿までの距離、また物干し竿からクローゼットまでの距離を短くすること、炊事では食材や作った料理を持ち運ぶ距離を短くすることを考えて設計すると少し生活が楽になると思います。

 

例えばお子さんのいるご家庭ですと朝の時間は大変忙しいと思います。
この時の動線を通勤動線と言い、対策として混みやすい通路や洗面所を広くしたり、キッチンとリビング、洗面台の行き来をしやすくするなどがあります。

来客動線とは来客が来たときに通る線のことで、この時、あまり来客にプライベートなものを見られたくない人もいらっしゃるでしょう。
対策として洗面所や浴室を玄関からリビングまでの間からは見えない場所に配置するなどの工夫ができます。

動線とは異なりますが、水回りについてもなるべく近くに集めておくと便利でしょう。
給湯器から離れた場所にキッチンやお風呂があるとお湯が出るまでに時間がかかって不便なうえに水道代も高くなってしまいます。

□まとめ

ここまでご紹介したように、家を設計する際には暮らしやすくするためのさまざまなポイントが存在します。
マイホームをお考えの際はじっくりと納得がいくまで考えてみてはいかがですか。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください