新築の負担を軽減できるすまい給付金とは?松本市の業者が解説!

家づくりの豆知識

「新築の際に負担を少しでも減らしたい」
「すまい給付金ってどういうものなの?」
そんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

家を建てるとなると、ある程度の資金が必要になりますよね。税金は高くなり、これからの生活を考えると少しでも負担を減らしたいと思う方は多くいらっしゃると思いいます。

そこで今回は、新築の際に知っておきたいすまい給付金について解説します。

★ペーパークラフトは自分で制作したものです。★この他にもシリーズ素材があります。検索ワード「フォトクラフト」で検索できます。https://creator.pixta.jp/@zips/illustrations

◇すまい給付金とは?

すまい給付金とは、消費税の税率が5%から8%に引き上げられたことにより、新築の際にかかる税負担を軽減するために設けられた現金支給制度のことです。
この制度の実施期間は、平成26年4月から平成33年12月までとなっています。

すまい給付金と同じような制度として住宅ローン減税がありますが、収入が低いほど得られる効果が低いという欠点がありました。これらのことを補うために住まい給付金制度があります。

 

◇すまい給付金の対象となる条件とは?

すまい給付金にはいくつかの条件があります。
条件は、対象となる人の条件と住宅の条件があるのです。

 

まず、対象となる「人の条件」をご紹介していきます。

・住宅の所有者の名義が自分で、その住宅に住む人
・収入額が目安として510万以下の人
・いずれかの住宅ローンを利用していること

すまい給付金は、夫婦で住宅を購入した方でそれぞれ住宅ローンを利用している方(ペアローンを利用している方)も対象となります。収入額の条件が、夫婦のどちらかが対象外でも片方が対象だという場合もあります。

 

次に対象となる「住宅の条件」をご紹介します。

・新築を購入した際に8%の消費税が適用されていること
・床面積が50㎡以上であること
・第三者機関の検査を受け、住宅の質に関する一定の要件を満たした住宅であること

これらの条件があります。

すまい給付金は、新築の住宅や中古再販住宅に関わらず申請することができます。しかし、中古住宅の場合、消費税が発生しない取引もあるので注意が必要です。

新築購入の際には、是非参考にしてみてください。

 

◇すまい給付金の給付額の確認方法とは?

すまい給付金の給付額は、住宅所得者の収入や不動産登記上の持ち分割合によって決まります。都道府県民税の所得割額と持ち分割合を参考に確かめることができますよ。

一度市町村役場などで都道府県民税の課税証明書を所得し、確認してみてはいかがでしょうか?

 

◇最後に

今回は、新築の際に知っておきたいすまい給付金について解説しました。
これからの生活の負担を軽減するためにも、すまい給付金について理解しておきましょう。
また、家づくりの際にお悩みごとがありましたら、お気軽にご相談くださいね。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください