新築のお風呂の場所はどこが良いの?松本市で新築をお考えの方必見!

家づくりの豆知識

新築をご検討の方、家の間取りには色々と悩みますよね。
実は、お風呂場の配置はかなり重要なのですが、ご存知でしたか?
「新築の家を考えるとき、お風呂場ってどこに配置すればいいの?」
今回はそんなお悩みを解決したいと思います。

□どうしてお風呂場は重要なのか

家の間取りを考えるとき、ほとんどの場合はまずはリビングを、キッチンを、寝室をとなってしまい、水回りの配置は後回しになってしまうものです。
しかし、お風呂というのは当然毎日使う場所ですし、衣類は基本的に脱衣所などお風呂場の近くで脱ぐので、お風呂場の位置は洗濯にも大きく関わっています。
お風呂場の位置をしっかり考えることで暮らしやすい家にすることができます。

□北向きと南向き

もちろん日当たりが良いのは南向きです。
「お風呂場は湿気が多そうだし、南側が良いのかな?」
「でも、リビングとかを南向きに置いたほうが良いのかな?」
などと考えられる方もいらっしゃるでしょう。
北向き南向き、それぞれの利点を説明します。

*北向き

多くの場合、風呂は北向きに置かれます。
やはりリビング、キッチンを日のよく当たる南側に、という風に間取りを決めていくとどうしてもお風呂場は北側のスペースに置かれるからです。
しかし、水回り機器の性能や通気性などの家全体の性能がだんだん向上しているため、今ではお風呂場を北側に設置するデメリットもあまりありません。

*南向き

リビング等を南向きに置くケースが多いのでこれはあまり一般的ではありませんが、やはり南向きは日当たりが良いので、風呂場に湿気がこもりカビが生えるということが起こりにくいです。
日中に家にいることが少なく、南向きのリビングにこだわらないなどの理由があれば南向きのお風呂場も良いのではないでしょうか。

□生活動線から考えるお風呂場

お風呂に入ること、脱いだ服を洗濯することは生活において欠かせないことです。
ですから、その際の移動を楽にしたい、生活動線をシンプルかつ短くしたいと考えるものです。
お風呂場はどこに近いと使いやすいでしょうか。
リビングが生活の中心であり、お風呂に入ったら寝るという生活が一般的だと思います。
そうなると、リビングと寝室から近くが良いでしょう。
また洗濯物を脱衣所などで洗濯してから干すまでの移動を楽にしようと考えれば、どこで干すかにもよりますが、すぐに庭に出られたりベランダに出られたりする配置がおすすめです。
他にも、例えば庭仕事をするご家庭であればあまり家の中を移動せずに風呂場にたどり着けるように勝手口近くにお風呂場を配置しても良いかもしれません。

□まとめ

ここまでご紹介したように、お風呂場の配置だけを考えても自分の生活スタイルやどの場面での使いやすさを優先するかでいろいろな考え方ができます。
ぜひご自分の家を計画されるときはお風呂場のこともじっくり考えてみてください。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください