新築でトイレを設置する場所は?松本市で新築をお考えの方必見!

家づくりの豆知識

新築をご検討の方、家の間取りには色々と悩みますよね。
トイレは、あまりスペースとらないため、間取りを考えるうえでそんなに重要視しない人も多いかもしれません。
もちろん、リビングなどよりは優先順位は下がりますが、トイレの配置はかなり重要なんです。
今回はそんなトイレの配置について説明していきます。

□NGなトイレの配置

まずはキッチンやダイニングから直接出入りが見えてしまうトイレは避けたほうが良いでしょう。
やはり食材を扱う、食事にかかわる場所からトイレを利用する音が聞こえたり、トイレのにおいやトイレ用芳香剤のにおいがしたら嫌な思いをする方が多いのではないでしょうか。
トイレの出入りが見えるだけで気になるという人もいるかもしれません。
リビングから直接見えるトイレも避けたほうが無難でしょう。
リビングは生活の中心となりますし、来客があればリビングでお迎えすることも多いでしょうから、やはり音やにおい、清潔感などを考えるとリビングからも離したほうが良いのではないでしょうか。

□生活の中で使いやすいトイレ

トイレは生活するうえで必ず利用します。
ですから、リビング、ダイニング、キッチンからは見えないほうが良いと言いましたが、家のどこからでも行きやすい、移動距離が遠くない場所に設置するのがおすすめです。
移動する距離が短くシンプルなほど、利用しやすいトイレとなります。
よくあるタイプとしては洗面所を通るタイプと玄関近くのタイプがあります。

*洗面所を通るトイレ

これはコンパクトな住宅に多いですが、限られたスペースの中を活用しつつ、リビングなどから直接見えないようにするために、洗面所でワンクッション挟むというものです。
スペースを有効に使えるというメリットに対して、洗面所や浴室を誰かが使っているときは利用しにくいというデメリットがあります。
この場合はもう1つトイレを設置するほうが良いでしょう。

*玄関近くのトイレ

玄関近くにトイレを置くメリットとしては帰宅後すぐに駆け込むことができたり、例えばお子さんがいれば出かける前にトイレに行かせるということができます。
デメリットとしては来客の方がいるときに使いづらいというのがありますが、最近では、ご近所づきあいも昔に比べると減り、仲の良い人とは玄関先で話し込むのではなくリビングまで案内することも多くなってきているので、玄関にトイレを設置するご家庭も増えています。
また、今ではトイレを2つ以上作る住宅も多いので、1つが使えなかったとしても困ることは減りました。

□まとめ

今回ご紹介したように、トイレの場所は家を建てる人それぞれの好みで決めるものですが意外と考えるのが難しいです。
建築士の方とよく相談して自分たちの生活にあったトイレの配置を検討してみると良いのではないでしょうか。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください