地震に強い家にするための家づくりとは?松本市の業者が解説!

家づくりの豆知識

「地震に強い家にしたい!」
「地震に強くするためにはどのような家にするべきなの?」
そんな思いをお持ちではないでしょうか?

家づくりの際に地震に強い家にしたいと思う方は多くいらっしゃると思います。特に日本は地震による被害が多いイメージがありますよね。

今回は、地震に強い家づくりの方法について解説します。

制震構造 地震に強い

◇地震に強い家にするためには?

家づくりの計画を立てる際に、どうしても気になってしまうのが地震対策ですよね。日本のような地震大国では、特に心配になるのではないでしょうか。

では、地震に強い家にするためには具体的にどのような方法があるのでしょうか?

その方法には、「耐震」「制震」「免震」の三つがあります。
これらの違いについてご紹介していきます。

 

◇地震に強い家づくりの「耐震」「制震」「免震」の違いとは?

これらの地震対策に、どのような違いがあるのかと思っている方も多いのではないでしょうか?
それぞれの特徴に、次のようなものがあります。

 

・耐震構造

耐震構造とは、柱や梁を太く頑丈なものして建物自体を地震に強くするというものです。
建物の崩壊を防ぐことはできますが、地震による揺れを防ぐことに期待はできません。

また、地震のたびに接合部などの金物やボルトが緩んでいく可能性があります。
耐震構造は、最も一般的な工法で費用があまりかからないというメリットがありますが、大地震の後の余震による崩壊の可能性があることを知っておきましょう。

 

・制震構造

制震構造とは、建物の壁や柱に制振装置を組み込み、地震による揺れを抑えるというものです。
耐震構造のように、接合部などの金物やボルトが緩む心配もありません。また、地震による壁のひび割れなどの建物損傷の被害を少なくします。

しかし、家具や家電は地震の影響を受けるため家具が転倒しないような対策が必要です。
制震構造は費用が少し割高になってしまう場合がありますが、その分地震対策の効果に期待ができるので、地震に強い家にするためには最もおすすめします。

 

・免震構造

免震構造とは、建物と地面を切り離し、揺れを伝わりにくくするものです。
地震の揺れによる家具や家電の転倒を防ぐことができます。

また、建物への被害も少なく、高い効果が期待できます。しかし、費用は500万以上もかかることがあり、家計には優しくありません。

 

◇最後に

今回は、地震に強い家づくりの方法について解説しました。
地震は、いつ起こるか分りませんので、家を建てるときには地震対策が必須になります。
また、家づくりで悩んでいるという方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談くださいませ。

コメントはこちらから