地震に強い家とは?|松本市の家づくりのプロが解説!

家づくりの豆知識

日本では毎年、大小様々な規模の地震が起こっています。
もはや日本に住んでいる限り、地震から避けて生活することはできません。
そこで今回は、地震に強い家についてご紹介します。

スケルトンの家

・耐震構造、免震構造、制震構造について

地震に強い家となると、これらの言葉をよく聞かれると思います。

それぞれを簡単に説明すると、耐震構造とは柱や梁、壁などの建物の構造部分を強化することで地震に耐えることができるように設計した構造のことです。

免震構造とは、建物の基礎と建物自体の間に地震で伝わってくる力を和らげる装置を設置し、地震の力を直接伝わらないようにする構造のことです。

また、制震構造とは、建物の構造部分に特殊な制御装置を組み込んで、地震の揺れを吸収する構造のことです。

耐震については、建築基準法の中で一定の基準を満たすことが義務となっています。
しかし、免振・制震に関しては義務付けられていません。
そのため、地震に強い家づくりをしたい方は、これらについて考えてみると良いでしょう。

以下では、それぞれの構造について具体的にどういったことを行っているのかについて見ていきましょう。

・耐震構造について

地震に対する構造について、日本では多くの会社が様々な技術を開発しています。
そのため、会社ごとに特色のある地震対策を行っているのです。
その中でも、耐震構造については、梁や壁、柱などの構造材の量を増やすといった工夫があります。

こうすることで、構造材の密度が高くなり、地震に強くなるのです。
また、強度の高い構造材を使用したり、構造材の接合部分に特殊な金物を使用したりするといったこともあるようです。

・免震構造について

免震構造では、特殊な装置を建物と地面との間に設置されることが多いです。
特殊な装置には、バネ状やボール状のものを挟んだり、鉛やゴムを組み合わせたものを挟んだりしてあります。
こうすることで、地震によって建物に加わる力を減少させ、建物の揺れを小さくすることができるのです。

・制震構造について

制震構造は、地震によって建物に伝わる力を減少させるためのものです。
具体的には、ゴム等を利用して地震によって伝わってくるエネルギーを吸収させます。
使用される素材は、粘性や弾力性のあるものが多いです。

今回は、地震に強い家についてご紹介しました。
日本に住んでいる限り、地震への対策は必ず行わなければならないといっても過言ではありません。
しっかりとした地震対策を行い、安全な生活を送りましょう。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください