住宅ローンで審査が通らない場合とは?|松本市で新築を建てる

家づくりの豆知識

「住宅ローンの審査で落ちることってあるの?」
「住宅ローン審査が通らないケースを知っておきたい」
住宅ローンを検討されている方の中には、審査に関して上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
住宅ローン審査が通らなかった場合、大きく資金計画が崩れるほか、家づくりにかかる期間が大きく長引く可能性があります。
住宅ローン審査に落ちてしまうケースを把握しておいて、できることならスムーズに審査に通りたいところですよね。
今回は、住宅ローン審査にスムーズに通るためにも、審査で通らないケースにはどういったケースがあるのかご紹介していきます。

□住宅ローン審査が通らない3つのケース

 

住宅ローン審査に通らないケースにはどういったケースがあるのでしょうか?
主な3つのケースをご紹介します。

 

*金融機関の審査基準を満たしていない

まず第一に考えられるケースが、金融機関の審査基準を満たしていないというケースです。
住宅ローン審査の基準として、「完済時年齢」「返済負担率」「勤続年数」「年収」「健康状態」「連帯保証人」など、様々なチェック項目が設けられています。
こういった項目で、各金融機関が設けている基準を満たしていない場合、審査に通りません。
ですので、住宅ローン申請をする場合は、インターネットの無料の事前審査などで、条件を満たしているか確認しておくことが効果的です。

 

*過去に金融事故を起こしたことがある

過去、クレジットカードの使用のしすぎで自己破産したことがあるといった金融事故を起こしてしまっている場合、住宅ローン審査を通る可能性が低くなっています。
カードの支払いで未払いがある、カードローンの支払いを現在行っているといったことがないか、審査で落ちやすい金融事故にはどういったものがあるのかなどを事前に確認しておきましょう。

 

*奨学金や携帯料金の未払い等がある

住宅ローン審査で盲点になりやすいのが、奨学金の未払いや携帯料金の未払いです。
奨学金や携帯料金の未払いは大きく信用情報を傷つけてしまう要因になります。
ですので、もし学生時代に奨学金を借りている方はその未払いがないか、また携帯料金で未払いがないかなど入念に確認し、奨学金と携帯料金は必ず延滞や未払いが必ずないようにしておきましょう。

 

□不安な場合は事前の確認を

 

今回は、住宅ローン審査にスムーズに通るためにも、審査で通らないケースにはどういったケースがあるのかご紹介しました。
審査に落ちる場合のケースをあらかじめ確認し、審査に落ちてしまわないよう事前の対策を施していきましょう。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください