住宅ローン、フラット35とは!?松本市で新築をご検討中の方必見!

家づくりの豆知識

新築をお考えの方、おそらく人生最大の買い物となる住宅の購入にはローンを組む方がほとんどではないでしょうか。
「住宅ローンの審査通るかな?」と心配になる方も多いですよね。
そんな中で、「フラット35」という言葉は耳にしたことがあるでしょうか。
今注目されているフラット35がどのようなものか見ていきましょう。

★ペーパークラフトは自分で制作したものです。★この他にもシリーズ素材があります。検索ワード「フォトクラフト」で検索できます。https://creator.pixta.jp/@zips/illustrations

□フラット35のメリットとは

*固定金利

フラット35は借入時に金利を設定したら返済完了までの金利は常に一定で、総返済額を確定することができます。
仮に市場金利が上昇するとフラット35はお得になり、低下すると損をすることにはなりますが市場金利が0を下回ることはないので、損には限度があり、デメリットは小さいです。
従来の変動型の金利での返済は金利の変動によって返済額が左右され、将来の返済計画が立てにくいなどのデメリットがありました。
フラット35という名前ですが15年ローンから可能です。

 

*高性能な住宅の金利を引き下げ

省エネルギー性や耐震性、バリアフリー性、高耐久性を備えた高性能な住宅への金利を一定期間引き下げる制度「フラット35 S」というものがあります。
これは新築の住宅で取得する際、その住宅の性能によってはじめの5年または10年の金利を年0.25%引き下げるというものです。
普通のフラット35の金利が1.0%から1.4%くらいなのでかなり魅力的ではないでしょうか。
さらに中古住宅を性能向上のためリフォームする場合には、「フラット35 リノベ」というものを適用できます。
これははじめの5年または10年間の金利を年0.5%引き下げるというものです。

 

*保証料、繰り上げ返済手数料がかからない

民間の金融機関で住宅ローンを借りる場合は、数十万円の保証料の支払いが必要なこともありますが、フラット35では不要です。
また保証人も不要なのでローン取得にかかる費用も抑えられます。
住宅ローンの繰り上げ返済には通常1~3万円が必要になりますが、フラット35では必要ありません。
ただ、繰り上げ返済の最低額が10万円である点には注意してください。

*審査が通りやすい

フラット35の審査は比較的通りやすく、自営業やフリーランス、契約社員の方でも利用可能なことがあります。
また、勤続年数が短くても借入できます。
一般的には、最低勤続1年はないと住宅ローンは組めませんが、フラット35では勤続1カ月から借入できる可能性があります。

□まとめ

フラット35の特徴を少しでも知っていただけましたか。
通常の住宅ローンとフラット35の特徴を比べてみて、ぜひ自分に合ったほうを選びましょう。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください