二世帯住宅の間取りの種類と特徴について|松本市の家づくりのプロが解説!

家づくりの豆知識

近年、高齢化が進むにつれて親御さん世帯・お子さん世帯が共に暮らす二世帯住宅を考える方が増えてきています。
二世帯住宅にすることで、いつでも親御さんの体調を気遣うことができ、とても安心ですよね。

そんな二世帯住宅ですが、その間取りには様々な種類があり、何も考えないまま家を建ててしまうと後々問題が発生することがあるのです。
今回は、二世帯住宅の間取りの種類と特徴についてご紹介します。

・完全同居型

完全同居型の二世帯住宅とは、住宅内に親御さん世帯の寝室を設け、寝室以外のスペースをすべて共用する間取りのことです。
一般的に、このタイプは親御さん世帯とお子さん世帯の間で生活する時間帯が近いほど向いていると言われています。

しかし、生活の時間帯が大幅に異なる場合や、親御さん世帯とお子さん世帯の関係性によって気を遣わなければならない場合、窮屈な住宅となってしまうこともあるので注意しましょう。

特に生活の時間帯が異なる場合は、浴室からの水音や廊下を歩く音などに注意するようにしましょう。

・部分共用型

浴室や玄関等の一部の設備を共有しながら、親御さん世帯とお子さん世帯で生活するスペースを分ける間取りのことです。
先ほど紹介した完全同居型よりもプライバシーが確保できます。

最近では、二階建ての住宅を建て、1階を親御さん世帯が使用し、2階をお子さん世帯が使用するといった間取りにする方も多いようです。

・完全分離型

名前の通り、全く別の世帯として生活する間取りのことです。
同じマンションの隣室で生活するといったイメージが近いかと思います。
完全分離型の特徴は、完全に分離された生活を送ることができるため、側にいながらも干渉しすぎることがないことです。

そのため、最もトラブルが起こりにくいですが、注意することもあります。
それは、親御さん世帯との関りを意識して持つようにしなければ全く分離されたものになるという点と、建築の際にかかる費用が住宅二軒分ほどかかるということです。

完全分離型に魅力を感じられる方は、これらのデメリットも合わせて考えるようにしましょう。

今回は、二世帯住宅の間取りの種類と特徴についてご紹介しました。
二世帯住宅にはこれらのタイプがありますが、細かい間取りは人によって様々です。
自分の家庭はどのようなタイプの二世帯住宅が合っているのかを、生活の時間帯や親御さん世帯との関係性等を考慮して、この機会に一度考えてみると良いでしょう。

コメントはこちらから