トイレの場所はどこがいい?|松本市で新築を建てる

家づくりの豆知識

新築の間取りを検討されている方の中には
「トイレの場所はどこにすればいいんだろう?」
「トイレの場所を決める上で、ポイントがあれば知りたい」
と、トイレの配置に悩まれている方も多いのではないでしょうか?

トイレは1日の中でも、頻繁に使用する場所です。
また1日の中で不意にホッとできる場所でもあります。
ですので、トイレの場所決めは生活の質のおいても非常に重要になってきます。
今回は、トイレの場所決めに失敗しないために押さえておきたいポイントを3つほどご紹介します。

□トイレの場所決め|3つのポイント

 

トイレの場所を決める上でどのようなポイントに注意すればいいのでしょうか?
押さえておきたい3つのポイントをご紹介していきます。

 

*リビングと水回りの関係性

まず第一に押さえておきたいポイントが「リビングと水回りの関係性」です。
お風呂やトイレ、独立洗面台などが、リビングと別の階に配置されていたり、離れた位置に置かれている場合は、往来に負担がかかり、また利便性も下がってしまいます。
ですのでお風呂やトイレ、独立洗面台を配置する際はできるだけ、リビングと同じ階に配置するようにしましょう。
また、お風呂、トイレ、独立洗面台もできるだけ、近くに配置するとより快適に使用できるようになります。

 

*洗面を経由してトイレを配置する

利用できるスペースが限られる場合に、リビングとトイレを面して配置する場合がありますが、快適さの面で避けるほうが無難です。
トイレをリビングに面して配置した場合、リビングへの音漏れが気になるほか、トイレから出てすぐ、リビングにいる人と目があうなどふとした瞬間に感じるストレスが多くなってしまいます。
また、においが漏れるということも避ける方がいいポイントです。
もし、場所が限られていて、リビングに近い配置にどうしてもなってしまう場合は、いったん独立洗面台のスペースを挟んで、トイレとリビングを直接繋がらないといった工夫を取ることができます。

 

*玄関近くへのトイレの配置も検討

一昔前までは、トイレを玄関近くに配置することは避けられる間取りでした。
これは、知り合いが立ち寄ってくれた際に、玄関で話し込むことが多かったからです。
しかし、現在ではコミュニケーションのあり方も変わり、玄関で話し込むということもなくなり、玄関近くにトイレを配置する間取りも多くなっています。
この配置には、リビングから遠く、音やにおいが気にならないというメリットがあります。

 

□使用しづらさを無くし快適に

 

今回は、トイレの場所決めに失敗しないために押さえておきたいポイントを3つほどご紹介しました。
トイレはちょっとした配置の違いで、使いづらくも使いやすくもなります。
配置を工夫して使いづらさをなくして、快適なトイレにしましょう。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください