お風呂の場所はどこがいい?|松本市で新築を建てる

家づくりの豆知識

新しい住居の間取りを検討されている方の中には、お風呂の配置に関してお悩みの方も多いのではないでしょうか?
お風呂は毎日使用するものですし、身体を清潔に保ち、心をリフレッシュする貴重な時間を与えてくれる大切な場所です。
もし、お風呂の間取りをよく考えないと、外の状況が気になって集中できなくなったり、行き来にストレスを感じることになる可能性があります。
間取りの失敗は何としても避けたいところですよね。
今回は、お風呂の間取りで失敗しないためにも、お風呂の場所を決める上で押さえておきたいポイントをご紹介します。

□お風呂の場所決め|3つのポイント

 

お風呂の場所を決める上で大切になるのは以下の3つのポイントです。順に説明していきます。

 

*リビングと水回りの関係性

まず第一に押さえておきたいのが、リビングの水回りの関係性についてです。
トイレやお風呂、洗面台などがリビングと同じ階にない場合、往来にストレスを感じてしまいやすくなる傾向があります。
また、トイレや独立洗面台、お風呂は近い位置にはいすることでより快適に使用することができます。

 

*「1階にお風呂」の注意点

次に注意しておきたいのが、1階にお風呂を配置する場合です。
もし住宅が密集地にある場合、1階にお風呂があることで、不審者などが覗きに来る可能性が高まります。
また、車通りが多い通りなどが近い場合、外の状況が気になり、思うようにリラックスできない可能性もあります。
ですので、安全性や落ち着いて安心してリラックスできるかどうかを考えれば、2階以上にお風呂を設置するのが無難な選択です。
もし密集地でなければ、1階に設けても注意するべき問題はないでしょう。

 

*お風呂と日当たりの兼ね合い

お風呂は基本的に夜に入るものですので、日当たりを気にしない配置にすることも可能です。
ですが、浴室の窓からの景色を楽しみたい、日中にも入浴する可能性があるといった場合は、方角を考慮して日当たりを確保することも検討してみましょう。
また十分な設備を設けていない場合、カビや湿気の原因になるので、湿気がたまりにくい日当たりの良い場所にお風呂を設置するのも1つの案です。

 

□適切な配置でお風呂を快適に

 

今回は、お風呂の場所を決める上で押さえておきたいポイントをご紹介しました。
お風呂は生活の質を向上させる上でも非常に重要な設備です。
より快適に、リラックスして入浴を楽しむことができるよう、お風呂の場所には細心の注意を払うことが必要です。
お風呂の間取りを検討する際は、今回の記事の内容をぜひ参考にしてみてください。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください