岡谷市のガレージのある風通し良い和洋折衷の家-T様邸

施工例

岡谷市にある、ガレージのある風通しの良い家

5LDK・40坪(居宅部分)ご夫婦+お子様2人の家族4人の暮らす住まい。
住まう人の生活習慣や趣味に合わせて、最適な間取りを追求したお客様だけの住まい。お客様のどんなご要望もお聞きする「わがまま自由設計」で快適な生活環境と夢をカタチにしました。
T様邸-岡谷2
ご主人の趣味である車いじりと和の趣を備えた地域に溶け込む子育て住まい。

T様邸-岡谷202
リビングの続きにすぐに横になれる和室を
T様邸-岡谷203
ダイニングテーブルを置く前提で収納付のベンチを造りました
T様邸-岡谷204
タイヤや工具がしっかり納まる収納たっぷりなビルトインガレージ
T様邸-岡谷205
玄関には家族の写真を飾る埋め込み棚を造りました
T様邸-岡谷206-2
子供が帰ってきた時にコミュニケーションを取れるリビング階段

お客様の声

結婚を機に、アパートの家賃を支払う位なら少し高くてもマイホームのほうが良いと思い家を建てようと決心しました。「家は3回建てないと理想の家は建てられない。」家を建てたいと思ったことがある人なら一度は聞く話だと思います。といっても、現実に3回建て直す人はいないと思います。「でも、限りなく理想の家に近づけたい!!」そう思うのは、「施主」も「担当する営業スタッフ」も同じ気持ちではないか。「じゃどうすれば?!」自分はこう考えました。自分の思い描いている間取りだけでは、理想の家は絶対に建たないと思います。頭の中に描いている「理想の家」が「本当の理想の家」とは限りません。なぜなら、自分は「初めて家を建てる」から。どんな間取りが便利でどんな間取りが不便なのかは、紙の上で判断するのはとても難しいのです。住宅メーカーさんのスタッフの方は何度も家を建てています。たくさんの失敗を経験し、時には、近所のクレーム対応さえもしています。施主さんからの喜びの声もたくさん聞き、どんな家が喜ばれるかいろいろ経験していると思います。それでも、理想の家は建ちません。
なぜなら、実際にそこに住むのは「自分と家族」だからです。たくさんの打ち合わせでテンションが上がったり下がったり、仕事の後で疲れて妥協をしてしまったり・・・。だからこそ、コミュニケーションを大切にしてくれる。何度も間取りをやり直してもいつでも笑顔で対応してくれる。そんなスタッフに出会えるとイイですね。少なくても優プランさんには一人はいます(笑)。そんな担当者さんと一緒に考えてできたこだわりは、

・自分の趣味の車いじりができるビルトインガレージ
・妻が看護師という仕事柄、帰ってきて手洗に直行できる導線や夜勤明けなどに静かに眠れる寝室。勉強用の資料を収納する書庫。
・両者の要望として、風通しの良い間取り、子供の写真を飾れるスペース、階段周りや鍵の取付高さなど子供の安全に配慮すること。

実際に住んでみると、リビングからつながる南側の和室は日当りもよく冬もとても暖かで、且つ、風通しが非常に良い設計になっているので夏も涼しく快適で、子供が小さい間は寝室代わりに使えてとても重宝しています。リビングとの境の建具は引き込みのほうが良かったかも・・・。
家具のレイアウトを考えて、壁を作ってもらったのは良かった。ソファーの高さを考慮して高めにつけた窓は隣との視線をかわす意味でも正解でした。リビングのベンチ収納は出窓の奥行きを利用しているので見た目の倍ぐらいの奥行きがあり便利、見に来た人が皆驚きます。キッチンの食品庫は食品以外の小物も色々しまえて正解、そのほかリビングなどのちょっとした棚などが思った以上に重宝しています。見に来た人は皆、間取りや雰囲気が良いといってほめてくれます。「理想の家、できたかもしれません。」

担当者より

Tさんとは最初に出会ってからもう四年近くのお付き合いになります。プランや見積の打合せを行っている最中のご出産、確認申請を出す直前での建築予定地の 変更、そこからの土地探し、不動産業者さんとの交渉、敷地に合わせたプランの再作成を経てようやく完成・・・
その間他にも色々な出来事がありましたね。
Tさんご夫婦も仕事や出産、家の建築というハードな日々だったと思います。その時にお生まれになった、お子さんももうすぐ三歳、伺うたびに大きくハンサムになっていくので私も顔を見るのがいつも楽しみです。苦労して完成した家も快適にお使い頂いて、これといった不満点も無いとの事で私としても大満足です。今回外構工事をやらせていただきましたので、もっと過ごしやすく、かっこよくなったんではないでしょうか?(笑)
今後とも良いお付き合いをお願い致します。

コメントはこちらから