松本の工務店が教える 消費税10%後の新築住宅に関する支援

スタッフブログ ブログ 家づくりの豆知識

そろそろ気になる消費税。

先日のブログで、新築住宅での消費税増税のタイミング消費税から考えた家づくりのタイミングについて解説させていただきました。
その際、単に増税だけではなくて何かしらの支援策があるのではないかとお話していましたが、そのあたりがはっきりしてきました。

その一つが住まい給付金です。

消費税 増税 住まい給付金

住まい給付金とは消費税の引き上げ後に、その負担を軽減する目的で作られた制度ですので、現在もあります。
名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

では現在の給付金と何が違うのかご覧ください。

住まい給付金 8%

コチラが現在の消費税8%の際に適用される限度額が30万円のもの。
消費税が10%に引き上げ後の物とは金額が違いますね。

現在は上限30万円、増税後は上限50万円まで引き上げられます。
ですがこの「住まい給付金」、現在もですが収入によって貰える額が異なります。

現在:425万円以下は30万円 425万円超475万円以下が20万円 475万円超510万円以下が10万円となっています。

そして消費税が10%に引き上げられた後は、450万円以下は50万円 450万円超525万円以下は40万円 525万円超600万円以下は30万円 600万円超675万円以下が20万円 675万円超775万円以下が10万円となります。

消費税が大きくなる分、給付金の額もアップしていますね。現在は収入が520万円の方は住まい給付金はもらえなかったのですが、増税後は30万円の対象になりますね。
あと、ご夫婦共働きでお二人の名義が入る場合は、その割合を乗じた金額になります。

その他の優遇措置はどういったものがあるかというと贈与税非課税枠の拡大と住宅ローン減税も引き続き実施される予定です。
贈与税の非課税枠は最大3000万円!(質の高い住宅)
質の高い住宅とは、いわゆる長期優良住宅などが当てはまりますね。

住宅ローン減税の控除対象借入限度額は8%時:長期優良住宅など3000万円 一般住宅2000万円 → 消費税引上げ後:長期優良住宅など5000万円 一般住宅4000万円というように減税の幅が大きく拡充します。

もちろん、斯うした制度のメリットのある方とあまりメリットがない方いらっしゃると思いますので、ご自身がどのように当てはまるかはきちんと把握することが大切です。
優プランでは、「家そのもの」ではなくて税金のことや補助金のこと住宅ローンについてなどでも分かりやすくご説明します。

どうぞお気軽にご相談くださいね。

それではまた。
コダマでした。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください