消費税から考えた家づくりのタイミングとは?

スタッフブログ ブログ 家づくりの豆知識

先日、消費税が10%に上がったら・・・というお話をさせていただきましたが、今回はその続きとなります。

前回のおさらいをすると、消費税が10%に上がるのは2つのタイミングがあるということです。
一つはお引渡しの時期、そしてもう一つが建築工事請負契約の時期です。

では、消費税が10%に上がることによってどのような違いが出るのでしょうか。
まずは当然ですが、住宅の購入価格が変わります。

例として3000万円の栄を購入したとしましょう。
これまでであれば消費税は8%の240万円でしたが、10%になると300万円になります。
税金だけで60万円もの差が出てくるわけですが、これは高額になるほどその差はどんどんと大きくなります。

他に影響が出るのは仲介手数料。
土地、または中古住宅を購入する場合は不動産業者さんに対して仲介手数料を支払います。
土地そのものには消費税がかかりませんが、この仲介手数料には課税されます。

では家づくりのベストなタイミングとは?

消費税による増額だけで比較をすると、増税前の方が支払金額が少なくて済むのは明らかです。
ただ、駆け込み需要などによって自分に合ったペースで話し合いを進められなかったり、納期に追われた職人さんの施工精度が落ちてしまい、結果満足のいかない家になってしまうことも考えられます。

もちろん消費税の増税は大きな判断材料ではありますが、家づくりで大切なものはそれだけではありません。

増税直前になって慌てて検討するのではなく、ワンテンポ早めにゆとりをもって家族と話し合い、計画的に検討しましょう。
急ぐのは構わないと思いますが、焦るのは良くありません。

また何かしらの優遇措置も出てくるのではないかと思いますので、わかりましたらご紹介させていただきたいと思います。
わからないことなどがありましたらお気軽にご相談くださいね。

それではまた。
コダマでした。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください