松本市の工務店が教える 新築住宅での消費税増税のタイミング

スタッフブログ ブログ 家づくりの豆知識

話題になっている総評税の増税、このまま10%になりそうですね。
私もすごく残念なのですが、家を新築する際に今回の消費税増税はどう変わるのでしょうか?

2014年4月に消費税が5%から8%に引き上げられ、2017年4月から10%になる予定でしたが、景気への影響を考えられて2019年10月まで延期されていました。
予定通り10%に引き上げられた場合、どのような影響があるでしょうか?
また、どのようなタイミングで適用されるのでしょうか?

今回はそんな気になる消費税についてお話します。

実は消費税が10%に上がるのは2つのタイミングがあります。
1つはお引渡しの時期。2019年10月から増税するので9月30日までに住宅の引き渡しを受けている必要があります。
住宅は一般的な商品と異なり、売買契約を締結しても完成と支払までに時間がかかります。
ですので、この場合は逆算してゆとりをもって家づくりを検討する必要があります。

もう1つのタイミングは建築工事請負契約の時期です。
注文住宅を建てる場合、天候や増工によって家の完成時期がずれ込むことがあります。
万一9月30日以降に完成が遅れると、税率は10%に。

そこで大切なのは建築工事請負契約の時期になってきます。
2019年3月31日までに契約を済ましていれば、建物の完成が10月以降になっても消費税の税率は8%が適用されます。

それでは消費税が10%になるとどうなるのでしょうか?そして、増税を踏まえたうえでの住宅の新築にベストなタイミングとはいつなのでしょうか?
次回、詳しくお話いたします。

それではまた。
久々にまじめな内容のコダマでした。

 

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください