新築での外構工事

社長ブログ

松本市筑摩 H様邸外構工事のご提案

来週完成見学会を行わせて頂く
松本市筑摩の新築住宅H様邸は工事もいよいよ最終段階
(見学会についての詳細はこちら)

今日は、アプローチの外構工事の最終打合せにお越し頂きました

最終的にはシンプルな提案

北側のアプローチという事もあり、あえて植栽は行わず
土間とその目地割りだけのデザイン
目地も奇をてらうのではなくあくまで意味ありげなシンプルさ
目地の玉砂利の色をかえてイニシャルを表現してみました

 

打合せの中では
北側とは言え完全にドライなのは寂しいので
目地部分だけでもタマリュウ植えて緑入れたいですね~ とか
草むしりの手間は大変ですね~
植栽を植えた場合にお手入れは出来そうですか?
などなど 超現実的な話をしながら結論に至りました

住宅はやはり飾り物ではなく実際の生活の場
ですからね

 

今日の打合せの中で南側の目隠しにも木を植えるて頂くことになり
かなりいい感じになりそうです
(残念ながら来週の見学会の後の施工になりますが・・・)

植栽 最初はいいけど・・・

一般論ですが
外構工事をやって頂くと、新築の家も引き立ち是非お勧めしたいところなのですが
家を建てる方が思う以上に予算が掛かるので最初からそれなりの予算を見込んで
おく必要があります

それともう一つは・・
お手入れが必須!! という事
歩いていると、
アプローチや植栽を新築当時にかなりお金かけて一生懸命やったんだろうな・・
という過去形になっているお宅が結構多いですよね・・
お手入れされていないと下手をするとひどい状況になって
かえってうらぶれた感じになって逆効果になることもあるので
あこがれだけでやってはいけません!!

家もそうですが、庭や植栽もきれいに保つには『ずく』が必要です!(笑)
『ずく』のないワタシが言うのもなんですが・・・(笑)

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください