既存解体には手続きが一杯です

ブログ 社長ブログ

暑い日が続きますねえ
先日来何度かUPしてます
岡谷市の新築の店舗の件
今月下旬には既存の建物を解体することになりましたが、解体に際して切り離しが必要になる部分を
色々段取り中です
古い家と比較的新しい家が同じ敷地に隣接している
となった時点で注意すべきことはいくつも頭によぎります
数日前に中部電力とNTTに切り離しと電柱移設を電話で依頼しようとしたところ
2件ある引込が古いこともありデータで確認できない、あーだ、こーだとおっしゃりながら
色々電話を回されるので
「面倒だからみんな時間合わせて、現場に来てくれ!」
という事で昨日の午後立ち合いに行ってきました
電柱移設
電線よりややこしいのは電話関係
NTTにドコモ(若しくはその他の携帯)光回線、ケーブルテレビなど
各々にできる工事や手続きの管轄が分かれているので
お互い直接話してもらうのが一番手っ取り早いです
今回はNTTの引込柱の撤去が必要になるので
設計上問題ないかも検討してもらっています
昨今は個人情報の事もありお施主様に直接依頼してもらうのが早い事も多くなっていますね
さて、解体の手配もほぼできて、いよいよ本番
測量図も出来てきているので
いよいよ、敷地に夢を描いてもらう番
住宅とは一味違う「自由設計」でどんな形にしていくのか
楽しみです!!

コメントはこちらから