茅野市宮川の新築住宅で気密測定を実施

スタッフブログ ブログ

いよいよ完成した茅野市宮川の新築の家。
仕上げとして気密測定を行いました。

24時間換気の吸気口などをテープでふさいでスイッチオン。

フォーン…という音とともに測定開始です。
室内にいると圧がかかって耳がキーンとしてきますね。

ちなみに優プランとしては高断熱と高気密は常に意識しています。
どんなに良い性能の断熱材や高性能の断熱サッシを使ったところですき間だらけでは意味がありません。

これまでのお客様の住まいでは、C値(相当すき間面積)が大体0.3~0.5でした。
今回はどうでしょうか?

「計測結果が出ましたよ。」と渡してもらいました。
なるほど。分からん。

まぁ、最終的には総相当隙間面積を建物の面積で割り戻してC値という値を出すのですが、そういった計算方法のため面積の小さい建物は数値上不利になりやすいんですよね。
結果は報告書を出してもらい、お施主様にもお渡しする予定です。

おそらくですがC値は0.5位になるのではないでしょうか?
ドキドキしながら待ちたいと思います。

それではまた。
コダマでした。

コメントはこちらから