松本市浅間温泉にて内窓を設置した省エネリフォーム

スタッフブログ ブログ

松本市浅間温泉の内窓を設置する省エネリフォームのお客様。
先日、補助金の通知も届きましたのでようやく工事の運びとなりました。

お客様が新しく付けたエアコンと枠が干渉するというハプニングもありましたが、エアコンを少し動かして解決。(ギリギリでした)
枠の奥行が短くて内窓が収まらないので枠を付足して設置します。

間口の広いサッシのため上の枠が下がってしまっていたので、大工さんに一仕事してもらいました。
その甲斐あって寸法もピタリ。

キレイに仕上がりました。

今回使った内窓はYKK apのプラマードUという内窓。
オール樹脂でガラスは2枚の仕様です。
ガラスにはLow-E(ロウ・イー)という断熱性能を高める金属皮膜が施してある、高性能断熱サッシになります。

冬場にはこの大きい4枚引き戸から冷気がどんどん入ってきてとても寒かったそうですが、これでかなり改善されるはずです。
欲を言えば、4枚戸の右隣のはめごろし窓にも内窓を設置していただくとより効果が高まりますね。

この辺りは様子を見ながらお考えになるとのことです。
私どもも地域の工務店として日々の生活に密着したご提案を行っていきたいと思います。

ともかく無事に工事は完了です。
冬場は暖かい空間で過ごしていただけると思います。

それではまた。
コダマでした。

コメントはこちらから