松本市四賀地区の家でサッシを調整しました

スタッフブログ ブログ

松本市四賀地区のS様邸。
半年ほど前にお引渡しをさせて頂いたのですが、「特定のサッシから外の音(カエルの鳴き声)が聞こえる」ということでお話を伺いました。

サッシの調整が狂っているのかな?と思いましたが、開けるときにガタガタするということもあり、業者さんにも来てもらって状況を確認しました。

一旦、窓を取り外してチェックしたところ戸車(サッシの下のレールをすべる滑車)のところに砂が入っていた模様。
風などで飛ばされて入り込んでしまうことがたまにあるようですね。

あとはサッシの閉まり具合を調整。
お客様のお話を伺うと、冷蔵庫を搬入するために引っ越し屋さんが一旦はずして付けていったそう。
どうやらそのときに調整が狂ってしまったみたいです。

今回改めて調整を確認。
外で「あ~!あ~!」と声を出しながら確認していただきましたが、漏れて入ってきていない様子。
これにて調整は完了です。

他にはこれといった問題も無く快適に暮らしていただいているそうです。
保育園に通う息子さんが広くて、つながっているLDKを楽しそうに走り回っていました。
お子様も延び延びと過ごされているようです。

また定期メンテナンスもありますが、こういった件は即対応していきたいと思います。
それではまた。

コダマでした。

コメントはこちらから