松本市四賀の夏祭り

スタッフブログ ブログ

昨日はワタクシの地元、松本市の四賀地域で夏祭りがありました。
保育園に行っている娘も踊るらしく、結局ワタクシも召喚されました。

浴衣に着替えて踊る気満々といったところでしょうか。
基本的に全園児と保護者が参加です。

いつもは閑散としている公園が、今日ばかりは大賑わいですね。
コンサートも開催されていました。
地元出身の、もっと言うとワタクシの同級生がボーカルを務める「花とクローバー」さんが来ていました。(写真は撮りそびれました)

さらに今年、上の娘が通う四賀小学校の校歌を作ってくれた松山三四六も来てくれていました。
娘は校歌制定式典の際、三四六さんと一緒に歌っていたので、「三四六さんだー!」と喜んでいました。

こちらはきっちり写真をとりました。

途中で雨が降ったり止んだりの、生憎の空模様になってしまいましたがみんなしっかり聞き入っていました。
そして雨の中、焼きそば・焼き鳥・おにぎり・パン・ふりふりポテト・ジュースなどパシリにされる父親。
きっとそれも父としての役目なのでしょうね。

そしてお祭りの付き物「金魚すくい」
一人がやると「わたしも!!」と必ずなるので5匹ほどになりました。

以前に2匹の金魚が非業の死を遂げたにもかかわらず、結局すくってきてしまった訳です。
生き物と触れ合う機会だとは思いますが、今度こそ長生きしてもらいたいですね。

最後に花火で締め。
今年は雨が降り出したこともあり、いったん帰宅して家から見ました。
それでもとても大きく、子供たちは大はしゃぎでした。

楽しい一日だったようです。

 

コメントはこちらから