新築住宅の通気・換気はとっても大事

ブログ 社長ブログ

省エネ住宅と家の通気・換気に関するセミナー

昨日、やまびこドームで行われた
【省エネ住宅】・【ZEH】の推進と
新築住宅の
【外壁通気構法と小屋裏換気】
の2つをテーマにしたセミナーに行ってきました
主催は(株)日本住環境さん
ウチも換気システムや気密、通気の部材を使っているメーカーです

新築住宅 どっちがお得?

【省エネ住宅】・【ZEH】に関してはこれまでも
何度もセミナーや研修に出ていますが、今回は復習の意味も含めて
という感じでしたが、意外に面白い話も聞けたりしました
(できれば後日詳しくお伝えできればと思っています)

今回聞いておきたかったのは
【外壁通気構法と小屋裏換気】の事故の事例と注意点です
住宅の外壁通気構法

高気密・高断熱化が進むほど
施工上の注意を怠ると、築後1年以内でも簡単に起こる
「結露」そして「カビ」被害
幸いというか当たり前というか、今のところウチではその手の事故は
起きていません

でも、どういった不注意がこういった事故につながるのかは
しっかりと認識を繰り返して、学んで、現場に伝えていく必要はいつも
感じています

事故の事例を生々しい写真と共に説明してくれましたが
天井や床下、屋根の下地と
事故の事例にはいとまがないようで、
「これは、ひどい!」と思われる被害の場合
断熱、気密に関する施工が
「これ、ほんとかよ?!」というレベルのものが多くて
ビックリしました

それでも、断熱の計算上の数値だけは省エネ基準くらいは満たしているとのこと
こうなると何のための断熱・気密かわからないですけどね

結露・カビを防ぐポイントはやはり
気密と通気&換気
外壁、屋根、室内と、もれなく空気が流れるような
施工がキモですね

「暖かくてきれいな空気のお家」
は体も心も健康にしてくれます

コメントはこちらから