プラン変更

ブログ 社長ブログ

現在着工中の新築店舗
岡谷市のスポーツバー
下水桝の移設も終わり、道路後退の必要な面の擁壁の
施工中です

下水桝の移設

既存の下水桝が後退した境界に当たっているという事で
市の方に要請して急きょ移設工事となりました

境界壁

セットバックの位置を市の方とも細かく確認しての
擁壁施工

プラン変更希望の連絡

そんな中、先日施主であるA様からのお電話
「家族で色々話して、お金がかかってもいいから
2階を広げたいんだけど・・・」
というご相談

元々、休憩室程度の機能しか持たせていなかった部屋を
結婚後の使用も考えて充実させたいという事のようです が・・・

確認申請後の面積増は確認申請の出し直しが必要

確認申請後の面積の増床は確認申請の出し直しにもなるし
構造的な見直しもかけないといけないので、場合によっては
基礎の形状なども変更になりかねない要望です
手続き費用も含め大幅なコストアップにつながりかねません

でも、
「本当にそれが将来にわたって考えた場合に必要な事なら
やるべきだろう」
と考えながら、打合せに行きました

しっかりとお話合い

お母様も交えての話し合いをする中で
ワタシの考えもまとまってきて
「これまで想定してきた面積を出来る範囲で広げたとしても
例えば子供が出来た後のことまで想定してくると
生活空間としては厳しいものがあって
いずれ、別に家を建てる、マンションを購入するなどして
別に居を構える事になるでしょう
だとすると、今大幅にお金をかけて広げるのは
コスパの面から考えるとちょっともったいないのでは?」
とワタシの意見を伝えました

その後も色々話をして、結論としては
面積の変更はせず水廻りのレイアウトを変更したり
柱の位置を変えるなどして、部屋として使える範囲を広げる
という変更で対応することとなりました

プラン変更

構造的な事や風通しなども考慮して、その場で打ち合わせた内容
コストアップはほとんどなしで済みそう

やっぱりこういう場合、今回の希望の出てきた
施主さんの気持ちや将来の展望を「自分の事として」
一緒に考えるのが大事ですね
今考えられる「考え方」のベストの選択のお手伝いするのも
我々の重要な役回りです

コメントはこちらから