エコポイント復活?

ブログ 社長ブログ

先日、LIXIL[の営業さんが
「住宅版エコポイントが復活したようです」と言いながら
チラシを持ってきてくれました
「新築にも適用されるの?」
「私も、まだよくわからなくて・・・」
「なんじゃ、そりゃ・・」

%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

時間がなかったので、「また、見とくよ」
で預かったままになっていましたが、
「そういえば、似たような情報が他からも来てたな・・・」
とメールなんかも見直すとやっぱり来てました
最初の会話で私がチョット期待した
新築住宅の購入、注文住宅への適用は無いようで
国の施策である既存住宅の流通、ストック化へ向けた補正予算が
10月に成立(250億円)
その名も「住宅ストック循環支援事業」
内容を見ると今回のターゲットは「耐震性の確保」の様です
ザッ書いてみると

耐震性を有しない建物を
省エネ住宅に建て直す、もしくはリフォームすると補助金がもらえるという制度

耐震性を有しない建物とは?

旧耐震基準で建てられた建物で以下の3つの書類で確認する

①建築確認された日付けが昭和56年5月31日以前の建築確認済証

②表示登記された日付けが昭和58年3月31日以前の登記事項証明証

③建築士が耐震性を有しないことを確認した本制度独自の証明書

 

省エネ住宅とは?

 

BELLS★★★★が低炭素と同じ一次消費エネルギーが10%削減

BELLS★★★★★がZEHと同じ一次消費エネルギーが20%削減

ですので、★★★★★の仕様が多いと思います。

 

いろんな証明書があるみたいですが、新しく省エネ住宅で

BELLSの★★★に40万円

BELLSの★★★★以上に50万円

 

以下のリフォーム等に関して費用の一部を支援。

・住宅のエコリフォーム等を実施した場合に、リフォーム費用に対し最大30万円/戸を補助(耐震改修を行う場合は45万円/戸)
・若者(40歳未満)が既存住宅を購入した場合に、インスペクション費用に対し5万円/戸を補助
・耐震性のない住宅等を除却し、エコ住宅を建替えた場合に、建設費用に対し30万円/戸を補助(認定長期優良住宅やさらに省エネ性能の高い住宅の場合は40万円/戸又は50万円/戸)

まあ、こんな感じですがBELLSなど、証明の類がいくつもあるのが相変わらず
分りにくい・・・

せっかく税金を使って行われる制度なので、
古い家の建て替えや大型リフォームを検討中の方は是非ご確認を!!

コメントはこちらから