「リフォームかし保険」ご存知です?

ブログ 社長ブログ

もうすぐ着工予定の松本市波田のA様邸増築工事

チョッと前に、「築1年 増築決定」と言うタイトルでお伝えしたお宅です

松本市波田A様邸②

既存住宅の階段部分

今回の増築工事は「リフォームかし保険」を使ってます
新築住宅では義務化されている「瑕疵(かし)担保責任保険」のリフォーム版
しっかりとした工事をして、検査機関の検査を受けて合格し保険が付けられれば
万が一の不具合の時に保険を使って修理できるという仕組み
(詳しくは JIO のHPをどうぞ)
この保険を使うには、保険機関への登録が必要です
もちろん、優プランは登録事業者

リフォーム

1年ごとに更新の事業者登録証

今回は「増築特約」というのを付けて
既存本体部分をリフォームとみなしての保険契約
この保険を使うのはワタシも初めてですが、増築があるからと言うのもあるんでしょうが
必要書類は結構厳格
今回は確認申請の対象物件だったから良かったけど
そうでなければ、耐震診断をがっちりやって既存とのバランスもチェックするようです
(古い建物に増築する場合の耐震性はウィークポイントなので注意が必要ですよ)
勿論、保険を使う、使わないに関わらず、ウチの場合既存も含めた全体での
N値、筋かいの計算、チェックはやってます

あまり少額の工事だと保険料の方が高くついたり
対象にならない工事もあったりするので使えない場合もあるようですが
リフォームを検討している方は業者さんに確認してみて下さい

さらに「既存住宅かし保険」なんてのもあって
こちらは、中古住宅をリノベーションした時に使うもの
これも、結構な検査があるので購入者には安心材料になりますね
またしても、勿論!!優プランはこちらも登録事業者

色んな保険があって大変ですが
相談に来て頂いた方の安心材料は出来る限り揃えてます

 

コメントはこちらから