長野県の工務店が考える信州の夏の過ごし方

信州の夏の過ごし方

長野県松本市・安曇野市・塩尻市はは日照条件が全国から見ても良いほうです。太陽光発電で発電量を稼ぎやすく、ソーラーを乗せるには適した条件と言えます。ただ、その反面紫外線や日差しも強い地域ではあります。

信州の夏をより快適に過ごすための設計のポイント

信州の夏をより快適に過ごすためにいくつか設計のポイントがあります。まずは軒の出を大きく取ることをオススメします。夏場は太陽の傾斜が高くなるので深い軒の出で日の光を遮り、部屋に直接日光が入りにくくすること室温を上昇しにくく出来ます。「冬に日が入らなくなるのは困る」と思われるかもしれませんが、冬の太陽の傾斜は低いので日差しを確保することが出来ます。

家の中をきちんと風が通るような設計を

もちろん家の中をきちんと風が通るような設計を心がけることが大切になります。ただ、周りの環境で砂埃が多い地域では注意が必要になりますので、そのようなことを踏まえた上で計画する必要があります。他にも吹抜けをつくることも有効です。温まった空気は上に昇っていくのでそこに窓を設置して開閉することでより効果的に空気を入れ替えることが出来ます。

風の通り道として1階と2階を繋げる吹抜け

吹抜けは無駄な場所と言われることがありますが、普段家族の集まるリビングダイニングを明るく開放的にして、風の通り道として1階と2階を繋げる役割を果たします。人の動きだけでなく空気の動きも考えることが信州の夏を快適に暮らす秘訣と言えるのではないでしょうか。